月次決算書

 当事務所では毎月お客さまをご訪問し、月ごとの貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)を作成いたします。この貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)は貴社の経営状態を数値で表したもので、第三者が貴社の経営状態を把握するためには必要不可欠な資料です。
 よく”カン”で経営状態を把握している経営者を目にします。もちろん商売をしていく上で、”カン”はとても大事なもの。でもこの”カン”だけに頼っていては・・・ 貴社の資産・負債・資本・収益・費用を数値で表し、現状を正確に把握することもたいへん重要なことです。
 また当事務所では、これらをもとに独自の『月次決算書』を作成しております。貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)に並んだ数字を眺めていても、ピンとこない経営者は結構多いのではないでしょうか。『月次決算書』は貸借対照表損益計算書Lに並んだ数字をグラフ化。経営状態の分析と助言をいたします。

表紙

当月の経常利益がプラスなら青、マイナスならピンクの線となります。

月別グラフ・年間推移グラフ

月別売上高や月別経常利益をグラフにすることで、対前月や対前年同月との比較がわかりやすく確認できます。B/S・P/Lだけでは見えにくかった思いもよらない結果が見えたり、チャンスロスをしていたことに気づくことも。
また、様々な業種のお客さまがいらっしゃる中で、『こんなグラフが見たい』というご要望もさまざま。当事務所ではできる限りご要望にお応えし、数値管理のお手伝いとグラフ化をさせていただきます。
純売上高・粗利益・固定費や経常利益の年間グラフでは、季節変動を消し貴社の傾向が把握できます。

未来会計図表・キャッシュフロー計算書

未来会計図表では、売上高と変動費・粗利益との関係や粗利益と固定費との関係等を図に表し、収支の確認を行います。
キャッシュフロー計算書では、お金がどう流れているのかを確認します。多くの経営者のかたは『利益がでているのに、なぜお金がないの?』という疑問をお持ちです。当事務所では独自のキャッシュフロー計算書を用いてわかりやすくご説明いたします

経営アドバイス・コーナー
能登宏和税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
北陸税理士会所属

お気軽にお問合せください。
能登宏和税理士事務所
TEL:0761-22-3390
noto@tkcnf.or.jp