頑張る社長

 今回は、三方五湖「水月湖」のほとりで地ビール・梅風呂の宿「湖上館PAMCO」を営む有限会社 湖上館の代表 田辺 一彦さんをご紹介します。
 田辺さんはスポーツマンらしく、明るくガッツあふれる経営者です。

自己紹介

はじめまして、田辺 一彦と申します。

学生時代は地元の美方高校で、東京の中央大学在学中も体育会ボート部に所属し、仲間たちと汗を流し、「オリンピックに出ること」を目標にがんばってきました。

その後、両親が営んでいた「民宿」を継ぐ為に地元若狭に帰ってきました。

当社の概要

 帰郷当初からの問題点であった、民宿経営での家族の労働時間が長時間である事と、施設の老朽化を打開しようと、4年前に有限会社を立ち上げ、施設を全面改築し、家族と従業員4人でがんばっています。
 バブルの頃は地元若狭も観光客でにぎわったと聞いていますが、旅行が大衆化したうえ、利用者の志向が高級化した現在では、入込み客数も年々減少しているのが現状です。この現状を少しでも改善し、さらに町を活性化させることが当社の役割だと思っています。

新たな挑戦

 当社の企業理念には『共生と循環の確立』をかかげています。現在までの様な、「観る」「食べる」だけの「お客様」と「観光業者」だけの観光ではなく、「お客様」「観光業者」「地元住民」「地元の自然」の四者が共に喜ぶことの出来る、今までに無い、「素晴らしい空間」を作ろうとがんばっています。

 新しい取り組みとして、今後の若狭の観光のスタイルを見据えて、若狭の恵まれた自然の中でお客様に遊んでいただき、日頃のストレスを解消していただこうと「自然に大の字 あそぼーや」というアクティビティーをプロデュースする部門を設けました。この部門での目標は、今後の新しい旅文化の創造を成功させる上での自然への畏敬の念を「観光客」「観光業者」「地元住民」みんなで育んでいく事を考えています。「人間」と「自然」が力を合わせた時、きっと今までには無い、想像もつかないような「素晴らしい夢空間」が出来上がると信じています。

 この事は当社スタッフ全員の目標であり、やりがいのある仕事として意識付けられています。
 現在当社はその目標に向かって、出来る限り最短コースを歩めるように、しっかり考え、確かな一歩一歩を歩んでいる最中です。

 絶対に「夢空間」を実現して見せます。皆さん、注目していてください!

子供たちとの合宿風景

どろんこオリンピック

シーカヤック体験

うなぎ捕り体験