頑張る社長

平成19年4月に福井県嶺南地区初のコミュニティFM放送局として開局した「敦賀FM放送株式会社」(局名・ハーバーステーション、周波数77.9MHz)。敦賀市本町通りのアルプラザ敦賀店の隣にスタジオを構え、市内全域とその周辺へ、地元の話題や音楽を送り届けています。「市民参加型の放送局を目指す」という奥瀬浩之社長をご紹介します。

自己紹介

地元の高校を出て、京都の大学に進学しました。卒業後、敦賀に戻って愕然としたことがありました。京都では、地域の情報が雑誌やラジオ等のメディアで簡単に入手することができた。しかし、敦賀にはこれというものがなかった。これでは「田舎はつまらない」になってしまう。もっと、敦賀というブランドを発信したい!こんな思いから、昭和62年から約5年間、フリーペーパーを発行しました。
市内での地域FMは、以前から検討されていたようですが、実現に至っていませんでした。「みんなができないのなら、俺がやってみるか!」印刷会社を退職し、「うちのまちの放送局」を目指しています。

イノベーションへの取り組み

地域に密着した情報の充実は今後も追求していきますが、防災・災害情報の基盤整備にも力を入れています。阪神・淡路大震災や新潟地震では、地域のコミュニティ放送局が、家族の安否情報や安全な避難場所、救援物資、医療体制などを繰り返し流したことが評価されています。これらのことを踏まえて、マスメディアでは取り上げられないきめ細かな地域情報を発信し続けたいと思います。

趣味と家族

趣味はギターで、作曲もこなす。地域のミュージカルでは全15曲を自作した経験も。敦賀在住47歳で、奥さんと3人の子供さんの5人家族。

以前ご紹介した「頑張る社長」

バックナンバー1
三方五湖「水月湖」のほとりで地ビール・梅風呂の宿「湖上館PAMCO」を営む有限会社 湖上館の代表 田辺 一彦さんをご紹介しました。