福井県で頑張る社長

友食亭あいびすさんは、『愛と心と情け』がテーマの居酒屋として、
『よき友ありて あいびすに 今宵もつどう 親しき友と 今日を語らい 愛しき人と あしたの夢を つなぎあう』という開業当初から掲げている理念をモットーに、全従業員が常に向上心と謙虚な心を持ちながら仕事に励んでおられます。また、玄関の脇に「魚魂之碑」を建立し、供養の気持ちを忘れないよう、大切な命をいただいているという事を忘れず、感謝しながら、料理をされています。

自己紹介

『友食亭あいびす』を経営しております、寺田清治と申します。
サラリーマン時代から抱いていた夢を実現するため、大阪の専門学校で喫茶・居酒屋・デリカ・惣菜の全てを、時間に限りがあると言う事もありましたが、朝から晩まで勉強しました。この専門学校では、京都の都ホテルのシェフが見えて指導してくれる等とても有意義に過す事ができ、7ヶ月で卒業出来ました。

開業の経緯

27号線沿いの兄弟が経営するレストラン敷地の一角を借り、昭和63年7月に喫茶店を始めました。5年を経過し、立退きをする事になり、現在の場所へ移動しました。場所的な事を考慮し、専門学校で培ったノウハウを生かせる様に、家族で経営できる、温もりのあるファミリー企業の居酒屋を目指し開業しました。

名称の由来

フランス語で絶滅の危機にある朱鷺(とき)を意味するもので、新潟のデパート(総合食品)の名称を、了承を得て使わせていただいています。余談ですが…このデパートは、おかあさん(妻)が勤めていた場所なんです。

現在…そしてこれからのあいびす

『おとうさん・おかあさん』と、お客様や従業員から親しみのある温かい言葉で呼ばれる事に喜びを感じます。現在は、居酒屋部門とラーメン部門があります。ラーメン部門は2年経過し、居酒屋部門は今年で15年、喫茶店開業時からすると20年経ちました。お客様の笑顔が私のなによりの喜びです。比較されても恥ずかしくない素材の良さをこれからも提供し続けて、共に夢を語れる心意気のあるスタッフとお客様と一体になって敦賀を熱くしていきたい思いがあります。皆さんに、感謝とありがとうの気持ちを伝えたいです。
これからも、未来を語り・夢を語る温もりのある居心地のよい場所でありたいと思います。

以前ご紹介した「頑張る社長」

バックナンバー2
福井県嶺南地区初のコミュニティFM放送局として開局した「敦賀FM放送株式会社」(局名・ハーバーステーション、周波数77.9MHz)の奥瀬浩之社長をご紹介しました。

バックナンバー1
三方五湖「水月湖」のほとりで地ビール・梅風呂の宿「湖上館PAMCO」を営む有限会社 湖上館の代表 田辺 一彦さんをご紹介しました。

敦賀中央税理士法人は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
北陸税理士会所属
お気軽にお問合せください。
敦賀中央税理士法人
TEL:0770-22-0157
t_katou@tkcnf.or.jp