新着情報

New!

2018/4/13

「小野寺眞夫の言いたい放題」更新しました

2018/2/28

「小野寺眞夫の言いたい放題」更新しました

2018/1/6

「小野寺眞夫の言いたい放題」更新しました

2017/12/19

「事務所の花、花」更新しました

2017/11/20

「職員紹介」更新しました

2017/10/24

「小野寺眞夫の言いたい放題」更新しました

2017/9/16

「小野寺眞夫の言いたい放題」更新しました

2017/9/13

セミナー案内、「TKC経営支援セミナー2017」、更新しました

2017/8/28

「TKC経営支援セミナー2017」、「事務所の花、花」更新しました

経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから

5月の事務所通信から


中小企業経営を応援する最新の補助金等


 中小企業を応援する様々な補助金が用意されています。主なものとして、業務効率や売上のアップを図るためにITツールを導入する場合の「IT導入補助金」、事業承継をきっかけに経営革新や事業転換を行う際の費用を補助する「事業承継補助金」、新サービスの開発や生産プロセス改善のための設備投資費用などを補助する「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」、経営計画に基づく販路開拓を支援する「小規模事業者持続化補助金」などがあります。
 また、税理士等の経営革新等認定支援機関の助言を受けて早期経営改善計画を作成する場合の費用を補助する「早期経営改善計画策定支援事業」も引き続き実施されています。




個人住民税の特別徴収と「決定通知書」の見方


  5月に入ると、住民税の特別徴収税額の決定通知書が送られてきます。決定通知書が届いたら、記載内容や税額を確認し、決定通知書(従業員用)を従業員に渡しましょう。
 従業員の給与から天引きした住民税は、翌月10日までに各市長村に納付します。納付が遅れると延滞金が加算されます。従業員が常時10人未満の場合、市町村への申請によって、年2回の納付が認められます。
 住民税の決定通知書(従業員用)からは、所得に対して原則10%の税率が課税される「所得割」と、一律に課税(原則年額5,000円)される「均等割」、ふるさと納税(寄付金控除)などの住民税額からの控除分、毎月の給与から天引きされる「納付額」がわかります。



有給休暇についての素朴な疑問

 繁忙期に従業員から有給休暇(有休)の取得申請があった場合、有休を希望通りに与えることが原則です。しかし、「同じ時季に多くの従業員が休む。代替要員の配置が難しい」など事業の正常な運営が妨げられる場合、経営者は取得時季の変更を求めることができますが、単に「日常的に忙しい。人手が足りない」という理由では、時季の変更を求めることはできません。事前の取得申請を求めることができるため、あらかじめ他の従業員との調整をはかるようにしましょう。
 また、一斉付与、交替制付与、個人別付与などの方法で、あらかじめ有休の取得日を割り振る計画的付与制度なども活用して、有休の取得促進をはかりましょう。



(以上の記事についての詳細は、毎月お渡ししております「事務所通信 5月号」をお読みください)
     

4月の事務所通信から


経営者保証のない融資が広がる 

 中小企業融資において、経営者の9割が個人保証を提供し、うち半数以上がその解除を望んでいます。
 「経営者保証に関するガイドライン」では、経営者が会社の資金や資産について公私の区別を明確にすること、会社の資産・収益力によって借金返済が可能であると判断できること、金融機関へ財務情報を提供すること、など一定の経営状況を満たせば、個人保証のない融資や既存の保証の解除などの可能性があるとしています。
 健全経営に取り組み、個人保証のない安心感のある経営をめざしましょう。



会社と役員の資産・経理を明確に区分する

   中小企業では、会社の資産と役員個人の資産との区別が曖昧になりがちです。
 会社と役員との間の金銭や不動産の貸し借りは、通常の取引と同様に、契約書の作成や、利息や家賃の支払いが必要な場合があります。事業に関係のない役員の個人的な支出は、税務上、役員給与となり損金への算入が認められません。金融機関からも厳しい眼で見られます。
 本業の業績が良くても、役員の私的流用が多いと資金繰りが苦しくなり、経営に悪影響を及ぼすだけでなく、社内全体のモラルの低下を招きます。自社の状況を見直しましょう。


再点検!売掛金管理と回収の5つのポイント

   自社の「売掛金管理と回収の5つのポイント」を押さえ、売掛金の不良債権化や貸し倒れのリスクを小さくするように再点検してみましょう。
 1.得意先との情報共有を図り、支払期日などの認識を一致させる。
 2.営業担当者には、売掛金未回収の正当な理由を報告させる。
 3.回収遅れの原因となる請求書の発行遅れや誤請求に注意する。
 4.債権の消滅時効に注意して、内容証明郵便による請求などの手段を検討する。
 5.最終手段として、法的手続(支払督促、少額訴訟など)を検討する。




(以上の記事についての詳細は、毎月お渡ししております「事務所通信 4月号」をお読みください)