桑原税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
九州北部税理士会所属

お気軽にお問合せください。
桑原税理士事務所
TEL:092-503-1670
kuwahara-heima@tkcnf.or.jp

会社設立をお考えの方

会社設立をお考えの方

桑原税理士事務所では、起業をお考えの方の夢や目標のお手伝いが出来るよう最大限のエールをお送りさせて頂きます。
当事務所では、税理士してのお付き合いを超え、ビジネスパートナーとして経営者様を盛り上げ、お役に立てるよう、全力を尽くしてまいります。

イメージ画像


まずは、法人化のメリットとデメリットをご確認下さい。

メリット

イメージ画像

税金の面以外では・・・

● 対外的な信用度の向上、資金調達の有利性などがございます。

税金の面では・・・

●中小企業だけに優遇された措置があります。

●税額控除、特別償却・・・と言った難しい言葉ばかりになりますが、「税金を安くするための、既に用意された、いくつかの項目」が有ります。

●税率が一定です。

●個人事業の場合 ・・・ 年間所得金額により、段階別に最高50%までの累進課税となります。

●法人の場合 ・・・ 年間所得金額800万円以下15%、最高30%の2段階税率です。
           (一般的な、普通法人の場合です。)

●過去9年間の欠損金の繰越控除が出来ます。
 但し、青色申告法人の場合のみです。 個人事業の場合、青色申告における純損失の控除は、3年間までです。

●退職金が受け取れます。
 但し、注意が必要な点は有ります。

●経費として処理できる範囲が広がります。
 但し、注意が必要な点は有ります。
 例えば、生命保険などがございます。
 ご家族が従業員として勤務している場合、その方々の分まで経費として処理出来るものが有ります。

デメリット

イメージ画像

税金の面以外では・・・

●設立にあたって、手間・費用が若干かかります。

●株式会社の場合、役員の改選が一定の時期に必要となります。

●複式簿記による、帳簿の作成が必要となります。

●従業員の社会保険料の約半分を負担しなければなりません。
 (社会保険の適用が、義務付けられます。)

税金の面では・・・

●赤字でも、法人住民税(地方税)の「均等割」が、発生します。
 社長さんや、ご家族が従業員となっている場合、支給する役員給与・給与等には、いくつかの注意点が有ります。 詳しくはお気軽にご相談ください。