相続税について

Q1 相続税はどのように計算するのですか?
  回答


Q2 被相続人の課税財産の価格が5億円、相続人は妻と長男、次男の3人です。相続財産は妻と長男が2億円ずつ、次男が1億円を相続する予定です。この場合の相続税はそれぞれいくら支払う必要があるのでしょうか。
  回答


Q3 相続税は、財産をどれだけ取得すればかかってきますか。
(各人の課税価格の合計額より控除する遺産に係る基礎控除額の計算について説明してください。)
  回答


Q4 農業の相続人が農地等を相続した場合における納税猶予制度について教え下さい。
  回答


Q5 相続税および贈与税の納税猶予の適用を受けるための担保の提供について、

1 担保としては、どのような財産を提供すればよいのか。
2 担保提供に必要な書類は、どのようなものをいうのか。
3 担保財産の担保価額は、どのように算定するのか。
  回答


Q6 父から相続した農地について相続税の納税猶予の特例の適用を受けているが、その農地の一部をゴルフ練習場とテニスコートに転用したいと考えている。

この場合には、特例の適用を受けた農地の半分に対応する相続税について納税猶予の特例のの適用を受けるのをやめてその部分の相続税を納付すればよいことになるのか。
  回答

経営アドバイス・コーナー
吉田功税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
北陸税理士会所属
お気軽にお問合せください。
吉田 功 税理士事務所
株式会社 福乃宮計算センター
TEL:0761-24-6979
yoshita-isao@tkcnf.or.jp