税理士法人 すみだ会計 は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属

お気軽にお問合せください。

税理士法人 すみだ会計

TEL:0848-23-3466

sumida@tkcnf.or.jp

○ 皆さんの夢の実現をサポートするビジネスパートナーです。

   『 チャンスは、みずから、つかむもの。』(松下幸之助の「心意気」から)

○ ユビキタス社会です、事務処理も会計から請求書・領収証作成もパソコンが主です。    

 すみだ会計は、それをサポートできる事務所を目指しています。           

○ 経営計画の役割が高くなっています。計画・実行・反省の繰り返しが組織力です。

○ 国税では、電子申告・ダイレクト納税・証憑書類の電子保管のも進んでいます。        すみだ会計も、e-TAX申告、ダイレクト納税に取り組んでいます。       

○ 消費税は、令和元年10月から税率、納税義務者、領収証等の管理保管などが、大きく変     わります。すみだ会計では、平日の相談をお受けしています。

○ 皆さんの決算書や月次試算表など財務データーを、融資を受けている日本公庫、銀行、信 用金庫・信用組合などの金融機関に「電子データー」での提供に協力しています。

○ すみだ会計は、令和2年、事務所開設57年目を迎えます。
 改革革新の早く大きな今の時代への適応に努めておれるお得意先様のパートナーとして、

 企業の繁栄を第一に「堅実かつ進取」の精神で、経営に役立つ経理を心がけていきます。

○ 電子申告とダイレクト納税は、個人情報の管理に関心が高く、「便利な仕組みはリスク も多い」ので、マイナンバーの管理についてアドバイスをしています。 

 給与の源泉徴収票を作成し、国・県・市と受給者に交付するとき、マイナンバーの管理ができるのでしょうかご利用のご相談をお待ちしています。                                            

○ 経営計画、経営改善、経営革新の相談に力を入れています。実抜計画』とは?。金融監督庁が出した金融機関へのガイドラインで、貸付条件を変更した中小企業が『実現性の高い抜本的な経営改善計画を提出すれば、不良債権として扱わなくてもよい・・・・』という場合に出てくる略語です。お気軽にご相談をお待ちしています。                                                                

新型コロナウイルスに対する政府支援制度等

お知らせ

  蒸し暑い毎日です、暦を見ると七十二侯で6月26日から6月30日までは「菖蒲華(あやめのはなさく)」で、アヤメが咲き始める時期です。アヤメと聞くと、「いずれがあやめかきつばた」と、子供のころに祖父から聞いたことを思い出します。美人が多いい、という意味に思い、夏にはいろいろな花が咲くと実感していました。昨今では、裏庭に買ってきた草花があって、なんの花かわかりませんが、咲くと思い出します。菖蒲湯の話題をNHkで取り上げていたので思い出しました。         

 コロナ騒動と対応策でも、補助金、助成金、協力金、特例措置、融資とかに加えて、支援グループの活動と、マスクに続いて支援を念頭に買い物するなど、事務処理も、実際に申請書などの書類作成に取り掛かると、システムの仕組が多種多様なので、若手に「これどうするの?」と聞くだけでなく是正入力もしてもらってます。「聞くは一時の恥、知らざるを知る、これ知るなり」と自身にに言い聞かせ「聞かれた者も自己啓発に役立つだろう」と、事務所内で大声で教えを求めています。とととと、聞いた時には入力は進みますが、すぐに同じことを又聞くのは、ちょっと「照れくさいが」乗り越えています。

 納税も、申告と納付の期限が延期されていますが、事務方としては、期限内に書類の仕上げをして、関与先様にお届けすることを使命として、頑張っています。しかし、蒸し暑いです。午後3時過ぎると、ネクタイは取っています。それでも蒸し暑いです。

 コロナ対策の緊急事態宣言も、大阪、京都、兵庫でも、広島県でもは解除され、学校も再開予定です。三密は避け、一定距離を保ってお話しをしましょう。友達知人友人、近時の人で一人暮らしの方や閉じこもりの学生さんにも、交わす挨拶はぽっとすしますね。コロナさんは夏風邪さんに交代しません。 どうやら5年間は居座るらしいですね。通勤距離片道31キロメートルの私は、行き交う対向車の運転手さんのマスク着用の件数を数えていますが、3月頃は30%以上でしたが最近は10%ギリギリですが、自分がコロナを持っている可能性が完全に0ではないのですから、コロナの拡散人にならないためにも、気を緩めないで欲しいですね。

 税理士事務所の仕事は、新型コロナウイルス対策で、所得税や個人の消費税等の申告と納税の期限が延長され、3月中の期限厳守の事務も対策4月まで延ばされ、5月も6月も仕事が複雑化して、苦労して頑張っています。

 新型コロナウイルス対策は、関与先に訪問したときのお話しでは、健全経営で継続するには、早目の具体策が必要ということで、すでに事務所内や作業所内の間仕切りや得意先回りの見直しなどを実行されていました。      〇 すみだ会計でも、みんなの健康管理に、手洗いと通勤・出張の安全交通を心掛けています。      

 新型コロナウイルスには、対策が強化されていますが、集団発生も全国的に発生し、広島県も尾道市も福山市も、強化策が公表されていますが、解除宣言を待っています。解除されても、マスクはまだまだ大切でしょう。近時のスーパーもコンビニも、お客さんの数も駐車場の台数もまだまだ回復していません。通勤途上で対向車の運転手さんのマスク着用は、数週間前には40%程度でしたが、今朝は20%と割れと数えました。感染防止には、油断は禁物ですね。

○ 消費税率は、昨年10月1日から、8%が10%に引き上げられ、3月末決算の申告では、売上高の前期比より納税額の前期比が数ポイント高いところが多いいです。納税資金ご用意を日ごろからしましょう。             

○ 事業承継                     

 令和元年8月に、「令和」に馴れてましたが、1920年か、いやいや2019年にはまだ戸惑っています。明治、大正、昭和そして平成には、祖祖父母、祖父母、父母叔父叔母と自分の配偶者兄弟そして子息、孫孫と生活のイメージがあって、それぞれへ目を細めています。

 たわごとはさておき、仕事柄、お盆と年末には、兄弟姉妹家族と会うことが多いですから、遺産の相続のことは大事ことですから、話したいけど話の糸口がみかみかつかみにくいのも、身内なら仕方がない一面でしょう。ましてや事業主や地主家主の皆さんには、「事業承継を見据えた後継者育成」・「自社の事業に今後に新分野ニッチ事業の開発」・「土地建物預貯金の有効利用」などを、具体的に話すのは、わが身の進退に直結するので、心の整理が出来かねます。一般てきな事業承継など区話は、ご家族友人知人と話題にできますが。後期高齢者の話題は、町内の高齢者集会、クラス会同窓会などで気楽に話し合いしたいです。

〇 税制改正

① 消費税は、複数の税率ですから、整然と 記帳整理して、しっかりと対処しましょう。                      働き方改革が進めば、課税仕入れか免税事業者との取引かの区分処理がポイントになります。                                 ② 所得税は、働き方改革で、雇用契約による給与所得か請負契約などによる事業所得や雑所得なのかにより、源泉 徴収税義務源泉の取り扱いの違いがあり、確定申告の納税額計算方法にもそれぞれの方法が定められています。

○ 所得税・確定申告の見直し、修正申告、更正の請求、再調査の請求、期限後の還付申告などには、期限がありますし、再調査の請求などは証拠となる書類等も大切ですから、ご相談はお早めにどうぞ

○ 電子申告と電子納税と消費税の相談                                     電子申告と電子納税と消費税の相談は、すみだ会計の重点目標として努力しています。              国税のe-TAX利用は、制度化され使い便利も良くなりました。 納税についても、振替納税からダイレクト納税に移行で、毎月の源泉納税は納付書を作成し銀行に送信すると納税できる便利になりました。

 また、消費税は、税率アップで消費者から預かり国に納付する仕組みなので、領収証や請求書等は、しっかりと管理保管しましょう。領収証等は、自社の資金の動きを守る書類でもあります。消費税の管理システムをしっかりすると、経理から請求書や領収証の作成などの一貫したシステムが普及しており、想定外の便利さです。ご利用のご相談をお待ちしています。                                                                                                            

○ 経営改善、経営革新の相談 

 経営改善、経営革新の相談に力を入れています。特に、金融円滑化法が平成25年3月まで再延長されました。『実抜計画』とは?。金融監督庁が出した金融機関へのガイドラインで、貸付条件を変更した中小企業が『実現性の高い抜本的な経営改善計画を提出すれば、不良債権として扱わなくてもよい・・・・』という場合に出てくる略語です。お気軽にご相談を。

○ モニタリングと口相撲

 すみだ会計では、スタッフが関与先様ごとにの担当・主任チーフとサブのチームで、効率よく関与先様の一歩進展発展のアドバイスと計画実進捗状況をモニタリングもしています。
 資金繰りで借入金の返済計画にもモニタリングは大切な進行管理です。
 ご相談は、お気軽に一度思い切って話し合って、「口相撲」のやり取りから「そんな突飛なことだ、それらら・こうする・いやこっちが良い・・・・・グットアイデアー」がでますよね。

       

経営革新等支援機関
経営改善計画

事務所概要

事務所名税理士法人 すみだ会計
所長名岡村 三千男
所在地広島県尾道市新浜二丁目2-21
電話番号0848-23-3466
FAX番号0848-22-7745
業務内容・法人税・所得税・消費税の申告書、各種   届出書の作成
・相続・贈与、土地建物の譲渡などの事前   対策、申告書の作成
・税務調査の立会い
・その他税務上の処理判断に関する相談
・毎月の試算表、経営分析表の作成
・総勘定元帳の記帳代行(制限あり)
・新会社法の計算規定に従った決算報告書   の作成
・純資産の部などの会計処理に関する相談
・株主資本等変動計算書の記載方法の相談
・経営計画、資金繰り計画の相談
・各種書類の作成
その他特記事項○ 電子申告の次は・電子納税・・・・
   すみだ会計では、TKC全国会と共に時代に先駆け、国税の電子申告と電子納税に積極的に取り組んでいます。
   特に、源泉徴収税額は、毎月10日まで
に納付するのですから、銀行の窓口が込合う10日に、会社から電子納税するのは、便利で時間の節約になると好評です。