お知らせ

トピックス

 ご存じですか?新消費税率対応準備のためのレジ(導入・改修)には補助金があります。

 

 建設業の請負工事契約で平成31年3月31日までに締結した契約。その建築・工事等の引き渡しが2019年       10月1日以後であっても消費税率は8%です。


 《事業承継税制》平成30年度に改正され、条件が緩和され利用しやすくなりました。

税制改正

主な改正

【平成28年度税制改正大綱】
☆ 相続した空き家にも3000万円の特別控除が適用になる規定が創設。

【消費税】
☆ 消費税法の一部が改正され、平成22年4月1日以後に(ア)課税事業者を選択した(イ)資本金1千万円以上の法人を設立した場合で、所定の要件に該当する事業者の方は、免税事業者となることや簡易課税制度を適用して申告することが一定期間制限されます。

【所得税】
☆ 従来の住宅借入金等特別控除などに加え、住宅ローンを利用しない場合でも一定のバリアフリー改修工事・省エネ改修工事をした場合等の税額控除が創設されました。(平成21年度税制改正)

【法人税】
☆ 中小企業に対する税負担の軽減を目的として、資本金1億円以下の法人等については、所得金額のうち年800万円以下の部分に対して22%とされていますが、平成21年4月1日から平成23年3月31日までの間に終了する各事業年度における所得金額のうち年800万円以下の部分について18%に引き下げられました。

☆ 中小企業等の平成21年2月1日以後に終了する各事業年度において生じた欠損金額について、欠損金の繰戻しによる還付制度の適用ができることになりました。(恒久的措置)
この制度は、法人が各事業年度において欠損金が生じた場合には、その欠損金額をその欠損の生じた事業年度開始の日前1年以内に開始した事業年度の所得に繰り戻し、その事業年度の所得に対する法人税の全部又は一部の還付を請求することができるというものです。


※上記お知らせは、最新の改正の要点を掲載しています。実際の適用にあたっては細かな条件等がありますので、当事務所に御相談下さい。

採用情報(平成30年度)

プロを目指すなら・・・
先進の電子申告・連結納税のスキルを身に付けませんか。
やる気のある方は履歴書を郵送下さい。
書類銓衡のうえ面接日時をご連絡します。
TKCシステム利用の会計事務所です。
体制が整い次第法人化予定。

お問い合わせは電話でも結構です。 担当安武