所長メッセージ

所長からのメッセージコーナー

所長からのメッセージコーナー

  

~ 事業承継について ~

 

  毎年のことですが、2月は個人の確定申告業務のピークを迎え、月の日数も少

ない中、全員が“短期決戦”で臨む心境になります。この時期、年金や農業、漁業

などの年一で来て下さっているお客様や、贈与、譲渡の申告の方など、その年で

変わりますが、いずれにしてもお逢いしてお話させてもらえることがとても楽しみ

です。久し振りということもあり、お話好きな方が多く、申告上の数字や計算の裏

にある、いろんな人生模様に触れるような話であったり、学ばせていただくことが

多々あります。

又、2月は私の誕生月です。年令だけが勝手に増えていくといった感じですが、

今や国を上げて中小企業経営者の高齢化と、事業承継への対策で持ち切りです。

決して人ごとではありません。今回、平成30年度税制改正大綱の目玉とされる

「事業承継税制改革」ですが、今迄使い勝手の悪かったこの制度が抜本的に改正

されることになりました。中小企業が事業承継を行う際に基本的には「贈与税と相

続税が一切かからない」仕組みへと改正されます。これは画期的なことです。それ

程今日本経済を支える中小企業の存続が懸念されているということです。

今後10年間で70歳を超える中小企業経営者の約半数が後継者未定状態で

好業績企業も含まれております。優れたノウハウや技術の損失となると、日本経済

   全体にとって明らかにマイナスであり、地方経済への影響も大きいと思います。