所長メッセージ

所長からのメッセージコーナー

  
        

 人工知能(AI)が開く、これからの社会 

 先日、上記タイトルに興味を持ち、お話を聞いてきました。

 最近、AIの話題に事欠きませんが、中でもやがてAIに仕事を奪われるので

はとか、いずれAIが自律的に人類を滅ぼす意思を持つかもしれないなどの、AI脅威論が飛び交っています。これは誤解であって、近年人間を介することが少なくなりつつあることを人の手に取り戻す方向へAIが変えつつある、というのが事実です。

 弁護士、会計士など“知識と経験”で勝負する専門家の仕事、例えば膨大な文書から訴訟に関係ある証拠を探すのは人間よりAIの方が得意です。法律やルールのある判断は、AIがそれに従って出来ます。そして使えば使う程賢くなっていくということなので、ルールに則って行えばいいような「機械的な仕事」は機械(AI)にやってもらうということで、定型的な仕事をAIが肩代わりしてくれることになるのです。

   実例として、医師は膨大な症例をすべて頭に詰め込む必要性から解放され、より患者一人ひとりと向き合えるようになりつつあります。又、新日本監査法人は、東芝の不正を防げなかったとして金融庁から行政処分を受けたことからAIを導入し、会計士が担っていた財務諸表のチェックなどの単純作業をAIに任せ、会計士は顧客企業の経営者へのコンサルティング的業務を主に担う方向へとAIを活用しています。このように人間により添ってくれるAIとして、社会での対応の早さが加速しています。

 税理士事務所も難解にして膨大な“税法”に取り巻かれて、目まぐるしく変わる税法改正への対応に追われている状態から、AIに肩代わりしてもらって開放され、その分本来の経営アドバイザーとしての時間に充て、増々経営者の皆様に向き合い、より良いパートナーとなれるよう、AIを歓迎したいと思いました