経営アドバイス・コーナー

事務所紹介

所長挨拶

2016年(平成28年)1月4日、税理士法人プロフェッションズを設立致しました。社員税理士5名の専門性を活かし、連携を密にすることで、より一層のサービスの向上に努めます。
仲間となった社員税理士は、次の4名です。(全員が、TKC全国会会員です)
文字通りの専門家集団と自負しています。

仙台二日町事務所(旧丹治 洋税理士事務所) の丹治 洋先生
仙台二日町事務所(旧乾比呂人税理士事務所) の乾 比呂人先生
仙台二日町事務所(旧丹治 洋税理士事務所) の鳥居 由葵先生
仙台本町事務所(旧菊池祐輝税理士事務所) の菊池 祐輝先生

1993年(平成5年)、相馬市にて鳥居恒紀税理士事務所を開設し、22年が経過致しました。
当初は、経理、会計の役割を十分認識されていない経営者、事業主が数多く、税務の前に、先ず経理、会計の重要性を理解して頂くことに集中してきました。
また、経営者セミナーを開催し、税務、経営、業績管理等、多方面にわたる知識、ノウハウ等の情報開示に努めてきました。(経営者セミナーは、現在まで19回開催しています)

2011年(平成23年)3月11日のあの大震災、原発事故から5年となります。私のクライアントにも大変な被害(人的、物的、精神的)が生じました。未だ、その被害の傷、癒えず、復興も途半ばです。
今後の税理士事務所の役割、責務は、決算書、申告書の作成業務のみでは、果たせません。社会からの要請、期待は、従来の税理士業務を越えた処にあります。
即ち、経営改善、経営計画策定支援業務が必須となってきています。当事務所では、早くから当該業務に着手しています、ご安心下さい。

また、あらゆる機会を通じて、金融機関や行政機関、提携企業との連携強化を図り、全方位的にクライアントの皆様の復興、発展に貢献致します。

今回の税理士法人の仲間4人は、私以上に、強い信念、熱い情熱の持ち主です。皆様へのより一層のサービスの向上をお約束致します。

最後に九條武子夫人の歌(自分を奮い立たせ、感銘した歌です。)をご紹介申し上げます。

「見ずや君、明日は散りなん 花だにも 力の限り ひと時を咲く」

税理士 鳥居恒紀

イメージ画像

所長経歴

1955年 2月 原町市生まれ
1977年 3月 横浜国立大学卒業
1991年 3月 税理士登録
1993年12月 独立開業
1994年 3月 TKC全国会入会
2016年 1月 税理士法人プロフェッションズ設立
未年、水瓶座、B型の62歳です。

現在、
・TKC医業・会計システム研究会会員
・TKC創業経営革新認定アドバイザー
・TKC書面添付推進認定事務所