お知らせ

ゴールデンウィークの営業について

GW休業日

2019年4月27日(土)~5月6日(月)

事務所概要

事務所名

税理士法人SSS(スリーエス)

代表者齋藤 賢二
所在地

〒424-0905 
静岡県静岡市清水区

   駒越西二丁目1番1号

電話番号054-335-7881
FAX番号054-335-2344
業務内容              ◇翌月巡回監査
◇資産税に関する業務                 
 詳しくはこちら

当事務所は「法人関与先」に対し、下記の業務を遂行しています

  1. Plan(計画)→Do(実行)→Check(検証)→Action(対策)のPDCAサイクル・業績管理体制の定着を支援します

  2. 「TKC継続MASシステム」を使用し、企業の短期・中期の経営計画を作成し、四半期ごとの業績検討会を通じて、「予算実績差異分析」「前期実績差異分析」を行い、経営者に役立つ経営指標を提供します

  3. 作成した経営計画を「TKC戦略財務情報システム(FXシリーズ)」と連動することにより、経営者がいつでも自社の現状確認・進捗状況を確認できる体制を可能にします

PDCA

当事務所は「法人関与先」の「黒字化」を支援します

  1. 黒字決算を実現するための、メカニズムづくりを提案します

  2. 『TKC経営指標』(BAST)の同業他社比較により、貴社の現状分析、問題点の把握から、改善策の検討のお手伝いをします

  3. 毎月の正確な会計資料をもとに、会社発展のすべてをサポートし、経営者のお悩みを解決する役目を果たします

黒字決算

当事務所は「法人関与先」に対し、早めの「納税予測」を推測し「節税対策」を提案します

  1. 毎月の月次巡回監査をベースとしており、早めの「決算予測」「納税予測」により、決算までに間に合う具体的な決算対策を検討します

  2. 黒字企業に対しては「節税対策」、赤字企業に対しては「利益確保のための対策」を検討します

  3. 納税予測からの「納税資金」の確保、あるいは金融機関からの資金支援を検討します

納税予測

当事務所は「法人関与先」に対し、「仲裁金融機関と連携」し、「資金繰りの改善」のお手伝いをします。

  1. 当事務所が使用するTKC会計ソフトは、決算書の「改ざん」につながる過去データの訂正・加除を禁止しており、金融機関が決算書を見る際の信用度が高いです

  2. 地元金融機関とは常日頃より交流をしており、情報の共有が図られ、金融支援の際には迅速かつ円滑な対応が確立されています

  3. 資金繰りに苦慮している企業については、金融機関と連携して、企業に対して適切な対応を検討し、「経営の改善」「資金繰りの改善」の提案をします


銀行への借入返済に困った企業に対し・・・

当事務所には、「銀行への借入金返済に困った」企業からの相談が、多数あります。そのほとんどの企業が、現在は経営を改善し、前向きな経営を進めており、感謝のお言葉をいただいています。改善手段はすべて違います。一人でお悩みにならず、ぜひ一度、相談にお越しください。