経営アドバイス・コーナー

会社概要

名  称税理士法人うつぶき
業務内容

・創業・独立の支援
・税務・会計・決算に関する業務
・税務申告書への書面添付
・自計化システムの導入支援
・経営計画の策定支援
・資産譲渡・贈与・相続の事前対策と納税申告書の作成
・事業承継対策
・税務調査の立会い
・保険指導
・経営相談等

<営業時間> 9:00~17:00
<休業日> 土・日・祝日

事務所名山田事務所
所  長山田 悌次
所 在 地鳥取県倉吉市昭和町2-114
電話番号0858-22-6266
FAX番号0858-22-4253
メールteiji-yamada@tkcnf.or.jp
事務所名高田事務所
所  長高田 充征
所 在 地

鳥取県倉吉市山根540-1

パープルビル2F

電話番号0858-24-5215
FAX番号0858-24-5216
メールtakata-mitsuyuki@tkcnf.or.jp
税理士法人うつぶきはTKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

初めて税理士をお探しの方

  このたびは数あるホームページの中から当事務所のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 このホームページをご覧いただいているということは、「個人で事業を始めたい」「会社を設立したい」「税務・会計について相談したい」など何かしら「税理士」に対して関心がある方なのではないでしょうか。また税理士が「何をしてくれるのか?」「必要なのか?」「何を基準に選べばよいのか?」などたくさんの疑問をお持ちの方かもしれません。


 

 税理士が必要とされる一般的な理由をまとめてみました。まずはご覧ください。

なぜ、税理士は必要とされるのか?

◆税金について知らないことで損することはなくなります

 

 税理士を必要とされる方に密接に関りのある税目、「所得税」「法人税」「消費税」「相続税」などはすべて日本国内では「申告納税制度」が採用されています。

 

 この制度は納税義務者の方が自ら税金を計算し申告を行うというものです。しかしながら皆さまは商売のプロであっても、税金のプロではありません。知識がなければ数ある優遇措置を受けられない可能性があります。

 

 その点、税理士に依頼していただければ専門家として適切な判断のもと、合理的かつ正確な節税を提供し、安心して本業に専念していただける体制をサポートいたします。

◆自社の正しい業績が把握できるようになります 


 経営を行っていくうえで、経営者の方ご自身が自社の正確な業績を把握していくことは非常に大切なことです。


「どんぶり勘定」で経営していると事業の発展どころか、事業の継続すら危ぶまれることとなるでしょう。また、経営課題への取組みや節税対策を講ずるためには、正しい業績の把握が必要不可欠であり、経験豊富な税理士が、安定的な事業の発展のために経営管理をサポートします。

◆税務調査がきても安心できる心強い味方です

 

 税務調査は、経営者の方にとっては何も悪いことをしていなくても「怖い」、「不安」といったイメージがあるようです。これは、税務署と納税者とで税の知識レベルが対等でないことから生ずる当然の心理かと思います。


 よくお客様から税務調査があった場合は何か「お土産(追徴税額)」を渡さないといけないんですよね?と聞かれることがありますが実際はそのようなことはありません。きちんと適切な申告がなされていれば追徴税額が発生せず申告是認とされるケースも少なくありません。しかしながら経営者の方が日々の業務と並行してこれらの税務申告をこなしていくことはハードルが高いことかもしれません。


 税理士は、税の専門家として納税者側に立ち、税務署と対等の立場で交渉を行っていきます。税務調査は、決して怖いものではありません。税理士が、納税者の強い味方になります。

◆金融機関からの資金調達が有利になります

 

 事業を行っていく中で、設備投資、運転資金、人材採用など様々な場面で資金調達が必要な場面が出てきます。資金調達がスムーズに行えることは事業を行う上で非常に大切なことの一つと言えるでしょう。


 税理士が関与することで、銀行からの信頼が格段に上がり、銀行の内情に詳しい税理士ならば、どうすれば銀行からの評価が上がるか、どうすれば銀行と上手く付き合えるか等のアドバイスを受けることができます。


 また、税理士が関与することで、銀行借入金の金利が低くなることがあります。

◆いろいろな角度から経営サポートが受けられる


 事業を始めると、1年間を通して日々の会計帳簿の作成から始まって、決算・申告、給与計算や年末調整、源泉所得税の納付、償却資産税の申告等の本業以外にしなくてはならない様々な業務が出てきます。


 本業をしながらこれらの業務を抱えていくことは大変であり、ヒトを採用する場合は当然ですが人件費がかかってきますので、費用対効果を考えるならば税理士に依頼することが有効ではないでしょうか。


 税理士は、税金のことだけでなく、様々な経営サポートを行っておりますので、経営者はしっかり本業に専念することができます。

◆経営者の片腕となるべき身近な存在として

 

 経営者の皆様は不安感や孤独感を抱えている方が多いと思います。それは最終的な判断、決定を自分自身で行っていかなければならない責任と常に戦われているからではないでしょうか。

 

 税理士はこのような不安感や孤独感を取り除くために、経営者様としっかりとコミュニケーションをとらせていただき要望されていること、悩まれていること、相談したいことを一つ一つ一緒に解決していきます。外部のパートナーでありながら一番身近に感じていただける存在になると思います。


 当然ながら相談内容は税務にとどまらず労務、法務、不動産、生命保険など様々な分野に及ぶことも少なくありません。税理士の専門外の相談内容であっても、税理士と提携している弁護士・司法書士・社会保険労務士等の専門家と協調して問題解決に導けるようにサポート体制を構築しております。

 たくさんのホームページを閲覧すればするほど、同じようなサービスが並び自社にとってどの事務所に頼むのが最善なのか悩まれる方もいらっしゃると思います。


 まずは「信頼できる人」であること、そして「相性が合う人」であることが重要です。そのうえで、お客様のニーズを満たしてくれる税理士を探されるほうが、結果として、長くお付き合いできる理想的な税理士に巡り合える可能性が高いと思います。お気軽にご連絡ください。

私どもは、初めて税理士をお探しの方を応援しております。